スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンカレジ到着、さあアラスカ縦断の旅へ出発
8月30日(木)午後、アンカレジ空港到着。
荷物を受けとり、すぐさまレンタカーのカウンターへ急ぐ。
ところが、いきなり出鼻をくじかれる。
XXXXレンタカーのカウンターで、何やら芳しくない雰囲気だ。
レンタカーの準備ができていないようで、しばらく待ってくれと言うことらしい。
まあ、アメリカはそんなところだ。自分も切り替えが必要なのか。

結局、きちんと掃除も済ませていない車が与えられた。
しかもメーカーは個人的に嫌いなシボXX。
いやな予感がする。
過去にこのメーカーの車でトラブルがあったからである。

早速、食料や水などの物資供給。
今夜からでもオーロラに会うチャンスを作りたい一心で、てきぱきと準備をする。

さあ、長い旅が始まるという気持ち。
とにかく北方に向かう。


2484.jpg
     マッキンリーは、見えていれば画面の右の方。神の山はそう簡単には姿を現さないのだ。

神の山・マッキンリーが居座る、デナリ国立公園を寸前にし、ローカルなハイウェイに入った。

出口まで、アラスカ山脈の南側を東に数百キロも走るのだ。

アラスカ山脈はアラスカの南側に位置していて、ここでオーロラを狙うのは少々「運」の力を必要とする。
言わば賭けである。


今回の取材のテーマは「今までに撮っていない光景を求める」

もう、極北取材はなんと14回目にもなる。
取材の目的は今までに撮れていない「新しいもの」であるため、賭けというか、ロスも生じてくるのは納得済みである。

2503.jpg
  昼間は夜の撮影の場所を探す。ここがいいだろうか・・・・


初日はこのハイウェイに入って、すぐに暗くなったために、湖が見える場所に陣取る。


天候は一晩中どんより。

まあ、最初から獲物にはありつけないものだ。


8月31日(金)

とにかく、ハイウェイをどんどん進むとしよう。

しかし・・・・・・・天候は好転する気配はなし。



このハイウェイのスタート時(西側)は森林が見られたが、東に進むにつれて徐々に「疎」になってくる。
ベリー類が多く見られる。

2555.jpg



2594.jpg
     甘酸っぱいブルーベリー。一度食べ出すと、止まらない。



見晴らしのいい場所で食事でもしようか。

2536.jpg


しばらくして、突然の来客に思いがけずシャッターチャンス到来。
角は小さいが雄のヘラジカ(ムース)である。

2620.jpg
     スローモーションのように歩く姿は一目でムースとわかる。

2670.jpg
     私をしばらくじっと観察している。もしかして気に入ったのか?


2808.jpg
     道草を食う。私が近づいても知らんふりをしている。



2649.jpg
     後ろ姿もまた、魅力的である。


しばらく彼は私の前から逃げようともしなかったが、しばらくして急に一目散に逃げてしまった。

少しして、私のところにハンターがやってきた。
野生の勘とはこのようなことか・・・

・・・

この日も雨の多い一日だった。
深夜になって、少し雲に切れ目が見られるようになってきた。
わずかな望みで北東のアラスカ山脈の方角に集中していた。
オーロラが活発なら、この場所でも見られる可能性はある。

「おっ」

3017.jpg



月からすぐ近くの明るい空に、確かにオーロラが見えてきたのだ。
「おし、先ずはオーロラの方向は計算通り!」
いい感じだと、撮影を開始する。

ただし、アラスカ山脈が月明かりに照らされる方角ではなく、逆光になっているので、
ベストの景色を撮るには、あと数時間もたたないと撮れない計算だ。

ところが、思いもむなしく、わずかなショーだった。
その後、またすっかり雲に覆われてしまった。


中垣哲也ウェブサイト
スポンサーサイト
秋真っ盛りのアラスカへ行ってきます!
ついにアラスカの旅の第14回目、今回は秋真っ盛りの極北を取材する。

例によって、成田からNorth Westでシアトル経由、
今回はフェアバンクス便がキャンセル待ちにも並べなかったので、アンカレジから入るパターンである。

実はいま成田にいて、シアトル行きの便に乗る寸前。
なんか、いつもこのタイミングで同じことをしている気がする。
行動パターンがマンネリ化しているのだろうか。
そう感じながらも、何気に今回は「今までになく、さわやかで快適な旅」ができるような気がした。


ところが、早くも苦戦を強いられている。
千歳で荷物の重量オーバー、何とか拝み倒して「次回からは・・・」ということでパス!

羽田に着くとスーツケースが見事に破壊、ホタテの貝状態。
このスーツケースはもともと半壊状態で、夕べ瞬間接着剤で補強作業を行っていた。
ところが家を出る寸前にフタが開かない!強力接着されているのだ!
という恐ろしいことに気付き、ノミやトンカチの出動となっていたのである。

荷物をたくさん抱えて、必死に成田まで移動、
チェックインの前に空港のロビーで重めの物を取り出し、機内持ち込みに回し(これもパンク寸前)
壊れたスーツケースをガムテープをベタベタ貼ってチェックインするものの、
まだ5kgオーバー!
それにしても今回は「超過料金」という恐ろしい響きが何度も私に襲いかかってくる。
そもそも家のヘルスメーターは何だったのだろうか。
(もしかして自分の重さもだいぶ違っている!?)
再度チェックインカウンターの床でお店を広げ、機内持ち込みのカメラバックは食料にまみれてしまう。
それでもなんとか食料を死守。

やれやれと思いながら、セキュリティーをくぐる。
ところが、液体の多いアサリの缶詰め(soupカレーの具)が機内持ち込み不可でご用となってしまう。

それにしてもこのカメラバッグは何キロあるのだろうか。

やはり今回も前途多難なのか、と思いきや、うれしい宇宙天気ニュースが飛び込んできた。

「活発なオーロラ活動も期待されます。」


20070830145559.jpg
3月のアラスカ北極圏(ブルックス山脈)
今回はどのような宇宙を見せてくれるのか・・・

中垣哲也ウェブサイト
スライド&トークショー、全国行脚します!
11月後半から12月にかけて、

スライド&トークショー、全国行脚します!


my RANGE ROVERにプロジェクタやスクリーンなどの機材を全部積み込んで、
九州から東北まで、一ヶ月かけて回るbig projectです。

現在のところ、半分近くの日程が決まりつつあります。
まだ決まっていない日程に関しまして、ただいまどこかで開催できないか探しています。

できればご当地で運営や集客までお世話していただけますと大変助かります。


では、具体的に候補日時と場所をあげます。
(8月25日現在、今後調整しながら変動していきます)

11月29日(木)、長崎、佐賀、大分近郊
12月3日~4日、山口、広島、岡山近郊
12月7日、京都、奈良
12月10日、名古屋
12月11日 長野
12月12日 甲府、静岡近郊
12月14日、15日、東京(首都圏近郊)
17日以降東北

規模の大きさを問わず会場を探しています。
もしピッタリ!はまりそうな「物件」があれば、私までご連絡いただきたいと思います。

ウェブサイトから「Contact」でメールできるようになっています。




さて、話は変わって、20日の月曜日に、道東・阿寒湖の森の中を歩く機会がありました。
某フリーペーパーの取材で、撮影担当として訪れました。

人間の手で傷をつけてしまった森を、300年前の原始の姿に戻す取り組みをされている、
前田一歩園財団を訪問、そのあと森の中を1時間程歩くことができました。

2448.jpg
森の中を歩くのは、なんて気持ちがいいのだろう。
猛暑の北海道、道東も例外ではなかった。
しかし、森の中では、強い日差しは和らげられ、優しい空気に包まれていた。

2407.jpg
阿寒湖畔に来て驚いた。私が記憶していた20年以上前の水質とはまったく違う。
温泉街からの排水を止めたことで、まったく別の湖に来たように透き通っていたのである。



2392.jpg


中垣哲也ウェブサイト
暑中お見舞いー壁紙プレゼントします
たいへんご無沙汰してしまいました。
毎度ながら反省しています。

今回はその反省の証としまして壁紙をプレゼントします。
この3月に、アラスカ北極圏のブルックスで撮影したものです。
ちなみにマイナス40℃前後だったと思います。
解像度 1024x768

knt.jpg


少し涼しんでいただければ幸いです。


近況報告です。

新規ウェブサイトaurora-dance.com制作の為、サーバーの移管を行いました。
昨日から、時間帯によっては表示されなかったことも考えられます。
現在は復旧しています。

また、パソコンによってはメニューが表示されないという現象が現れています。
この件につきましては、解決策を表示するように依頼してありますので、
もうしばらくお待ちください。


さて、お盆が過ぎればオーロラの季節。

私事、いまアラスカ行きの航空券の予約のタイミングが遅くて、
現在キャンセル待ちとなっています。

実はあの「炎上・爆発」した航空会社のアンカレジ行きのキャンセル待ちに並んでいます。

ここだけの話、あのニュースを見たとき、
「キャンセルがでる!」
と期待したのですが、・・・・まったく動きがないようです。
みんな度胸がいいですよね!感心します。
まあ、ある意味、今がもっとも慎重に点検整備するのでしょう。

アラスカ行き、いつになるのやら・・・・・



中垣哲也ウェブサイト
ウォン・ウィンツァンの演奏のバックで・・・
オーロラの映像をバックに、ウォン・ウィンツァンが演奏されるという機会がありました。

北方圏学術情報センター(札幌市中央区南1条西22丁目)「ポルトホール」で行われた、
「 心とからだ豊かに幸せに生きるメソッド」
 安保徹の免疫力アップ講演会 & ウォン・ウィンツァンピアノコンサート

主催:イデア・ワークス

20070826074500.jpg


私はステージ脇で映像担当していたため、すご横で演奏を聴くことができました。

動くオーロラと合わせた、インプロビゼーション(即興演奏)は特筆すべきで、
あのキースジャレットのケルンコンサートを彷彿させるような(皆さん、大げさだと思われるでしょうが、本当です!)、
世界がどんどん移り変り、ドラマチックな演奏・展開でした。

それにしても、映像と演奏の調和を確認したかった・・・・

中垣哲也ウェブサイト
ついにwww.starrysight.comが終了しました。 そして・・・
またまたご無沙汰してしまいました。

最近、多くの方から、
「アラスカから無事に帰って来たのか?」
「もしかしてアラスカでクマに食われたのではないか?」
などの連絡などいただき、
皆さんが一応心配してくれているのだという実感が湧いています。

「ご心配かけました。無事に帰って来ています!」


ついに・・・

7月いっぱいをもちまして、
www.starrysight.comのドメインが終了しました。

それにより、メールアドレス
mysong@starrysight.com
も使えなくなりました。

新しいドメインは

http://www.aurora-dance.com/

です。



そして新しいメールアドレス(すでに使っていますが)は、ウェブサイトから使えるようになっています。
(ごめんなさい。ここで表示してしまうと迷惑メールが大変なことになってしまいますので)

心機一転、ただいまウェブサイトをリニューアル中です。


中垣哲也ウェブサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。