スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気を取り直して北極圏へ
9月3日(月)

いよいよ、4日間過ごしたアラスカ山脈沿いのローカルなハイウェイともお別れだ。

この道の出口にはPaxonという小さな集落があるが、唯一?のコンビニエンスと思われる場所があった。
(言い回しが複雑だが、スタンドやレストラン、バー、小売りまでもある)

3308.jpg


ガソリンを入れるついでに、シャワーがあるか尋ねると、5ドルでいいよと、
まるで幽霊屋敷のような、地下室の怪しい部屋に連れていかれた。
だだっ広い部屋の奥に単にシャワーのみがある、日本ではあり得ない空間。
ちゃんとお湯も出たので、ラッキーである。

とにかく、心身ともにリフレッシュ出来た。
気持ちはすでに北極圏に飛んでいた。
さあ、急ごう。

このPaxonから、リチャードソン・ハイウェイを北上、アラスカ山脈を縦断する。
このルートは、壮大なアラスカ山脈を間近に仰ぐことが出来るが、「大山脈を乗り越える」という感じはなく、快適なハイウェイである。
4年前の2003年にも、オーロラの撮影場所を求めてカナダ・ユーコン側からこの道を訪れたことがある。

0002.jpg


夕べ遠くに見えていた氷河の近くを通る。

0021.jpg


アラスカ山脈には多くの野生動物が潜んでいる。
それらの姿を頻繁に見かけることは難しいが、足跡や糞、獣道などの「気配」は、至る所で見かけることが出来る。

0026.jpg


アラスカを縦断する石油パイプラインは、ブルックス山脈とアラスカ山脈という大きな壁を二つも乗り越えている。
もちろん乗り越えるのは山だけではなく、厳しい環境もだ。

0031.jpg


アラスカ山脈を越える。

アラスカ山脈を北へ越えると、空がとても広く感じる。
今までいたところと、明らかに天候が違うような気がする。
青空がいっぱいに広がっている。


広大な平野が広がり、その中にアラスカとカナダを結ぶ「アラスカ・ハイウェイ」が貫いている。
アラスカ山脈を縦断したリチャードソン・ハイウェイの北の終点は、このアラスカ・ハイウェイとの合流点であり、デルタ・ジャンクションという町である。

思えば4年前の2003年、アラスカ・ハイウェイを走っていた私は、撮影場所を見つける前にオーロラのブレイクに遭遇、
慌ててハイウェイ脇に車を止めて撮影をした。
その時にうまく撮れたのが私の代表作でもある「Road to the Universe」である。
撮影場所が見つからなかったのが幸運をもたらしたのだった。

さて、このデルタ・ジャンクションには興味深いギフトショップがある。
ギフトの他にライフルやガンなどが所狭しと並べられている。
日本ではあり得ないこの光景をぜひここで紹介したく、
いかつい店主に「このお店の写真を撮っていいか?」と恐る恐る尋ねて見ると「Sure」と、意外にも快い答えが返ってきた。

gun1.jpg
     アメリカではハンティングはメジャーなスポーツである。


gun2.jpg
     まるでおもちゃのピストルのように、無造作に積み重なれていた。


フェアバンクスで、北極圏での生活物資を供給、すぐに北へ進む。
今夜中に北極圏へ突入したい。

フェアバンクスからい1時間半も走って、そこから始めてダルトンハイウェイが始まる。
道のりは長いのだ。

0046.jpg
     2004年の山火事の跡。その時は辺り一面煙に覆われていて、息をするのも苦しかったように覚えている。

0051.jpg
     3年経つと、新しい命が着実に誕生しているのを確認できる。


0071.jpg



0272.jpg
     アスペン(白樺の一種)とトウヒ(北方森林の大多数を占める)の混合森林も見られる。
若い森の成長過程である。


真っ暗なユーコン川を渡り、北極圏(北緯66度33分)を目指すが、深夜オーロラらしきものが見えてきた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おかえりなさい
ども~。私も札幌に帰ってきました。
またいつもの仕事に戻るのかと思うとウンザリです。
しかも仕事の山。
ツレとは旅の間、ケンカばかりでした。
一人で自由に撮影旅行したいです。涙
新作楽しみにしています。ではでは。
2007/09/16(日) 16:08:27 | URL | JOE #-[ 編集]
お帰りなさい!
無事お帰りになったようですね。色んな写真楽しんでいます。
ビーバーとお家、ガンの山、ほんとに無造作に積んであるんですね。
ビックリ!迫力あるムースに美しい虹、広大なる山脈。
ありがとうございます。

疲れを癒す暇もなく、イベントですね。頑張って下さい。
オーロラの写真はまた近いうちに・・・を楽しみにして待っています。
2007/09/16(日) 18:37:51 | URL | Tomo #-[ 編集]
今日はモエレ沼公園です。
旅は一人自由旅が最高ですね。
お勧めします。

さて、早速新作に着手しています。
今日のモエレ沼公園のガラスのピラミッド(スペース1)でも若干披露します。
2007/09/17(月) 08:03:13 | URL | なかがき #-[ 編集]
モエレ沼公園
ガラスのピラミッドでのスライドショー とってもステキでした。
新作もチラッと見せて頂き、またまたこの次が楽しみです。
回を重ねる度に進歩していて、なかなか生オーロラの下に
行けない私にとって、スライドショーは最高です。
ありがとうございます。

その後散歩し 噴水のライトアップを見て帰りました。
期待以上の美しさでしたよ。
ゆったりと 美しく 楽しいフリータイムに満足でした。
2007/09/18(火) 14:53:13 | URL | Tomo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。