スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
400年以上オーロラの光を浴びた・・・日光・幾何学堂へ!
AURORA DANCE全国行脚・・途中経過 Vol.4

12月15日、快晴の東京を発ち、日光へ向かいました。

向かう先は・・・

400年以上オーロラの光を浴びた、北欧ラップランドの厳寒の地で成長したシルバーパインを使用、
扉作家である主の小坂さんが近代工具を一切用いずに完成させた・・・・幾何学堂へ。

どんな空間だろうか。


それはログハウスと日本の旧家の融合のような、おそらく世界でも類を見ないであろう不思議空間でした。


幾何学堂


幾何学堂2
粋な計らいが・・・

幾何学堂


幾何学堂1
さて、準備万端。


幾何学堂4
イベントの後、日光の熱い仲間がそのまま残り忘年会に。

この幾何学堂は、日光の好奇心旺盛な素敵な仲間たちの憩いの場でもありました。
いつでも自由に人が集まるそうです。

「雪の壁にオーロラを映そう!」作戦で盛り上がりました。
来年、実現できるように頑張ります。

主の小坂さんは扉職人であり、そしてその人柄は多くの人に扉を開ける寛大さを感じました。

幾何学堂3
日光の天然氷によるオブジェ。この日、日光は初雪で幾何学堂のまわりは真っ白に。
全国行脚オーロラダンスは、この夜、最高の舞台に恵まれる。


小坂憲正ブログ


来年もまた来ます!


12月16日(日)宇都宮

光栄ながら、陶芸家・坂田甚内さんのプロデュース・イベントに参加させていただきました。

宇都宮
大石宏子さんの舞いとオーロラダンスの共演!
この場にいたすべての人が息を停めて、その神秘の舞いに見入った!

宇都宮1
衣替えをし、再登場。またしても息を飲む。・・・・すっかり魅了される。

大石宏子さんウェブサイト


宇都宮2

11月3日(文化の日)に札幌のスタジオ・シンフォニカで共演させていただいた木管フルート奏者の畠中さん(スタジオ・シンフォニカ)も、なんと!札幌から駆けつけて参加していただきました!!
ありがとうございます!

スタジオ・シンフォニカ

札幌デザインウィーク


宇都宮4
坂田甚内さんのイベントコーディネートは流石と言うべき域。
参加者も皆感動・感激。


坂田甚内さんウェブサイト


12月17日(月)坂田甚内さんの案内で、宇都宮郊外にある大谷資料館へ向かいました。

そこは信じられないほどの巨大な空間が地下にあります。

巨大地下空間大谷資料館



巨大地下空間大谷資料館2
石が伐り出された採掘場跡である。どれだけの労力を費やしたことか。

巨大地下空間大谷資料館3
いつかこのステージでオーロラダンスを・・・


巨大地下空間大谷資料館4
教会までもが・・・


巨大地下空間大谷資料館


ここで扉作家の小坂憲正さん、坂田甚内さん一族とお別れです。
すっかりお世話になりました!

さあ、今夜は那須塩原、高速を飛ばそう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。