スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真夏のデスバレーに強行突入!
200~300キロ走って、結局夜空の撮影をしないままに空が明けて来た。朝日が山の頂上から照らし始めた。
このころ、シェラネバダのかなり南端に近いところまで来た。

そこで、デスバレーに向かう分岐に入る。
さあ、いよいよという感じ。
どこかで少し休もうかと思ったが、暑くなりそうなので、寝てもいられないだろう。
すでに気温がぐんぐん上がっている。

to Death Valley2

190号線を一気にデスバレーを目指す。
下り坂が延々と続き、相当高度を下げている感じだ。

Death Valley11

太陽が昇って間も無いが、気温は軽く35度は超えているだろう。
地面が蓄熱しているようだ。
何とも言えない重い空気である。

to Death Valley3

どんどん高度を下げていく。
デスバレーの谷底は、西半球でもっとも海抜が低いそうだ。なんと-86m

Death Valley1

宿泊所やインフォメーションなどがあるストーブパイプウェルズを超えると砂丘が見えてきた。
車を離れて少し砂丘を歩いてみる。
デスバレーは風が強いところなのだろう。
それもそうか、遮るものもないし、これだけ大きな谷を風を通り抜けるのだが、
地面が焼けるように暑いので、風がものすごい熱を帯びてくるのだろう。

朝の7時前後だが、すでに軽く40度を超えたよう。
地面はもっと暑いため、小動物などは見られず、足跡だけが無数に残る。
夜になって少しでも涼しくなったら歩き回っているのだろうか。

Death Valley3

先に進む。いろんな世界が展開してくる。
白く見えてきたのは、塩の大地。

Death Valley4

風が強くなってきた。
温風ではなく熱風である。それが全身に猛烈に当たってくるのだ。
サウナよりはるかに暑い。
目をまともに開けていられない。
危険である・・・・そういえば世界的な観光地ではあるが、観光客は閑散としている。
7月にここに来るのは、真冬にアラスカ北極圏に行くのと、ある意味同じような「究極」を楽しめるわけだ。
ただし、危険も隣り合わせにあることは事実である。

Death Valley5

普通、炎天下で車の窓を閉め切ってエンジンを止めれば、非常に車内温度が上がると経験しているのだが、
信じられない、外気の熱風を浴びた後、車の中に入った瞬間は、なんと涼しく感じられるのだ。
クーラーを入れていなくてもである。
もちろん、一瞬そう感じるだけの話で、クーラーが壊れたら危険である。


Death Valley6

外気温、なんとほぼ50℃である!!
実際これを撮影するのも短時間で済まさなくてはならない。
耐えられないのである。
熱風を全身で浴び、それとは別に太陽からの強烈なビームが体を焼く。

温度計を地面に置いたら一瞬で針が振り切れてブルブル振動していた。
手を地面に近づけると焼けているよう。
地面はおそらく80度以上はあるだろう。
タイヤはこの先大丈夫だろうか。


Death Valley8



Death Valley9

悪魔のゴルフコースと言われる、塩の結晶と泥のミックスのデコボコが延々と続く。
もうビューポイントを見て回る気力がなくなってきた。

トラブらないうちにデスバレーを脱しよう。
190号から、178号へ、はるか南方のJoshua Treeを目指す。

道中、ほとんど車とすれ違わない。

思い出してみれば、デスバレーでも観光バスを見たのは1台のみであった。
心細くなってきたが、しばらく寝ていないので同時に疲労もたまってきた。
しかし安全な所にたどり着くまでは休むことも出来ず、強行に砂漠を突き進む。


to Joshua Tree2

ひたすら走り続けた。

to Joshua Tree

コヨーテもこんなに暑いところで毛だらけな体は大変だろう。


Joshua Tree1

デスバレーの谷底付近からは400kmくらい走ったか。
ついにJoshua Tree国立公園に到着。
少し標高が高い所ではあるが、気温はなかなか下がらない。
ロスよりも緯度は南に位置する。

Joshua Tree2


Joshua Tree4


奇妙な岩や植物が異国情緒たっぷりである。

Joshua Tree3



Joshua Tree6



Joshua Tree9

少し温度が下がってきて余裕が出てきた。記念写真をこころみる。

Joshua Tree?



Joshua Tree10



Joshua Tree8



Joshua Tree7



Joshua Tree night2

カシオペアのすぐ横を流れ星が流れた。写真にはあまり写ってくれなかった。
感度設定を低くしていたのだった。

Joshua Tree night1

残念ながら地平線に街明かりがあり、期待した銀河の撮影は出来なかった。


_MG_0462.jpg




Joshua Tree5

真夏のカリフォルニアは楽しんだ。
さあ、ロスへ向かおう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。