スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オオカミが会いに来る!
22日(月) 

滞在残り日数も少なくなってきた。

今回の取材は天候との戦いとなってしまった。
晴れてさえすれば、多かれ少なかれ、オーロラは会いに来てくれるものだが。

080923_MG_1037.jpg

スープカリーも毎日味を変え、秋が来ないように工夫をする。
一日一回の食事も慣れれば普通になる。体が慣れるのだ。


食料も少なくなってきた。
ここでは食材を調達することは不可能であるので、用意したものを、残りの滞在期間できちんと食べれるよう、計算しながら使っていく。


天候不良のため、オーロラに逢えず。


23日(火) ちょっとした森の近くに場所を変える。

寒かったので、夕食は車の中でとっていた。

その時、ふと、車のすぐ横をオオカミがヒョイと通りかかる。

においに誘われて、または好奇心で様子を見にきたのだろうか。

私はよく自然の中で「ワン!」と、犬の鳴き声の真似をする。
全くの無音のなかで、それが雄大なエコーを伴って聞こえるのが楽しいのだ。

もしかすると仲間がいると勘違いをしたのかも知れない。

08092305_MG_1126.jpg

慌ててカメラをとり出すが、一瞬にして遠くに行ってしまった。


この夜は星もまったく光らなかった。
月も新月に向かってどんどん細っているはずだが、撮影の好機は過ぎてしまったかな・・・

真っ暗い夜を朝まで過ごした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
がんばってくださいませ
陽の黒点が見えないとか言う記事を読みました。
今年はあまり活動的ではないそうで、オーロラも少ないのでしょうか?
それにしてもお天気に恵まれないのはとても残念ですね。
早く晴れますようにと、北海道の空の下でお祈りしています。
2008/10/01(水) 04:02:31 | URL | f.baba #f4RRH762[ 編集]
太陽活動に変化が・・・?
こんにちは!
円周魚眼で少しだけ撮れました!
ちょうどアラスカにいる間に新しいカメラが発表されて、複数の友人から一斉についに出ましたねメールをもらいましたが、これで円周魚眼を撮影する状況が一変しそうですよ。
いいのが撮れると思います。

そうなんです、確かに太陽活動に変化があるのではないかとの報道がつい最近ありましたね。
通常では11年周期で太陽活動はピークを迎えますので、あと2~3年後にはピークになるはずが、いまはまだどん底のような気がします。これでは2~3年後にどれだけ回復しているのか微妙ではないかと素人目には思ってしまいますね。
その活動の低迷で、オーロラは確かに活発な様子を見せる確立は少ないような気がします。
しかしこれはオーロラ研究の世界的な先生のお話では、それほど心配しなくていいのでは・・との事です。

それよりも、あれだけ大騒ぎをしていた「温暖化」は賞味期限が切れて、実は3年ほど前から「慣例化」が進みつつあるそうですよ。
今年のアラスカはいつもの都市より季節の進み方が早かったようです。
9月ですと探検用ダウンをいつもは持っていかなかったのですが、今年は持っていかなかったら耐えられないくらいでしたから。
2008/10/02(木) 05:55:06 | URL | なかがき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。