スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーロラ出た!
1月28日、この日は記念すべき、札幌から始めてアラスカへ直行便が飛んだ日だ。
「生」オーロラをもとめて、札幌からざっと110人の人々がJALのオーロラツアーに参加した。

いつもは、成田~シアトル(アメリカ本土)乗り換え~アンカレジ~フェアバンクスと、かなり遠回りをしてやっとたどり着く思いをしている私にとって、札幌から6時間でフェアバンクスに着いてしまうのは拍子抜けするような楽さである。

_MG_2005.jpg

それにしても、フェアバンクス空港に大きなジャンボ機は似合わない。


_MG_1981.jpg

先ずはホテルに向かいます。
アラスカは札幌より寒いわ~。でもわくわくです。


_MG_0011.jpg
総勢110人の希望を乗せて出発。気温はマイナス25℃前後か。


_MG_0018_2.jpg
スキーランドへ向かうバス。到着前からオーロラが出てしまった!


_MG_0093.jpg

北の空に舞うオーロラ。「もっとこっちへ来い!」

_MG_0033.jpg

南の空、フェアバンクスの街明かりの中にオリオンが浮かび上がってきた。


_MG_0087.jpg

北の地平線であまり場所を移動しなかったオーロラが、じわじわ近くに近づく。なんか、怪しい。



_MG_0042.jpg

来たぞ!来たぞ!歓声があがり始める。


_MG_0061.jpg

2~3分であったろうか、ついに見せ場がやってきた!
頭上で揺らめく神秘の光りの舞いをついに目の当たりにした!

_MG_2128.jpg

アラスカ大学敷地内にあるIARC(国際北極圏研究センター)内で、このツアーのために特別にオーロラドームをセッティング。
IARCは赤祖父俊一博士が初代所長(~2007年1月)を務める。

_MG_2125.jpg


_MG_2122.jpg
全天映像は臨場感があり、実にリアルである。前日撮影された全天映像も披露される。


_MG_2188.jpg

オーロラ研究の世界的な第一人者・赤祖父先生の講演会で。


_MG_2291.jpg
アラスカ物語のフランク安田を直接知るウォルターさんに話を聞く。
また、先住民族たちとの交流も行われる。

さて、オーロラのご機嫌は・・・

2日目、3日目は天候悪く、オーロラ目撃できず。


_MG_0132.jpg

3日目、明け方に見られたオーロラ。一般のお客さんは帰った後の空である。


4日目はチナ温泉に向かう。
天候はすっきりと晴れ渡り、舞台は整った。

じわっとオーロラ現る。
筋が見えてきた。
さあ、これからオーロラダンスの始まりか!?
と期待されたが、フェイントに終わってしまった。
失速してしまった感じである。


結局、1月28日札幌出発アラスカ・オーロラツアーのオーロラ出会い率は
4戦2勝2敗、見せ場は初日に数分間ありました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
素晴らしいですね~。
行った初日にたくさん見られるとは
皆さん興奮冷めやらぬ状態でオーロラに見入っていたんではないでしょうか?
よかったですね~。
行っても帰国まで見られない人達もいる中でラッキーでしたね。
2009/02/01(日) 20:38:38 | URL | Mai #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。